経験者に実際に聞いたからわかる!身につく!

33歳女 よく聞きお礼をすることで仲良くなりました

はじめまして。

現在33歳、子供はいない専業主婦です。

 
 私はつい一年ほど前に結婚したのですが、夫の地元が過疎化している地域のため引越しをしたくなく、結婚当初から別居するスタイルを嗜んでいました。

しかしつい最近引越しをしてきまして、やはり田舎、、仕事先がないないないない全くない!まあなんとかお仕事先を見つけたのですが、田舎って何か地元の人が妙に幅を利かせているように思いませんか?よそから来た私は、完全アウェー。

職場で初日の挨拶後も物珍しく見られることにだいぶ不快な思いをしました。

 仕事内容は、事務手続きが多かったのですが、地元の人にしかわからないような暗黙のルール?が多く、「この会社の人が来たらこれ」「このお客さんは、○○の息子だから特別にこうする」など、もう完全に頭に「?」を浮かべながら仕事していました。

 今回は、その職場で掴んだ「人と仲良くするコツ」を紹介します。

 冒頭でも少しお話しましたが、田舎独特の雰囲気に馴染めなく、当初は辛い思いをしました。

地元の人が当たり前にできてわかっている事柄が、私にはわからないのです。

自分がどんどん仕事できないようなレッテルを張られているような気がして億劫になっていました。

本当は職場で良いお友達でもできたらいいなぁと思っていた私の心はガラス細工のように粉々に砕け散ったわけですが、ある友達との会話で、そこからフッと何かが変わったのです。

 そのある友達とは、前職で仲の良かった同僚でした。

ある日会って話をした際に、「そんな仕事あなたに似合わないわ!早く戻っておいで!」と笑い飛ばしてくれました。

ただ、それだけだったんですが、私にはこんなにすっきりさせてくれる友達がいると思うと、後ろ盾ができたかのように安心できたんです。

そこから、通常の業務はそつなくこなしていましたが、やはり独特のローカルルールは苦手で億劫でしたが、ニコッと笑いかけながら「すみません、この場合だとどうやりますか?」聞いたら「ありがとうございます。

助かりました」と、積極的に聞けるようになりました。

するとどうでしょう。

そこから好意をもって接してくれる人が増えました。

楽しくおしゃべりすることもありました。

やはり、「聞くこと」と「お礼」はいいですね。

 現在は退職しましたが、ちょっと自分でもレベルアップしたと思います。

職場に行きたくなくて億劫な時、周りにいるアナタを大事に思ってくれる人がいることを思い出してほしいです。

あとは心で中指立てながら、ニコニコしてれば乗り切れますよ。